実印・認印

ハンコには、重要な取引や契約の際本人であることを証明する実印と認印とがあります。実印は地方自治体で定めた印鑑条例によって行なわれています。印鑑証明をつくるには、住民登録をしている市町村役場に実印とする印鑑を持参し、印鑑登録申請書に自分で所定の内容を書き込み、押印した印鑑紙とその印鑑をそえて登録します。登録すれば印鑑証明が発行され、それからはいつでもその印鑑を持って行けば本人であることを証明する印鑑証明をもらうことができます。印鑑登録をした印鑑が実印で1人に1つの印鑑登録しかできないことになっています。印鑑証明(実印)は本人であることを確認するとともに大事な取引で慎重を期するために使われます。マンションや住宅や土地購入などの不動産登記をする場合、銀行とローンや当座取引契約をするとき、公正証書を作成するときなど。印鑑証明は登録したところで印鑑証明申請書を出し、手数料を払って受取りますが、有効期間は通常3ヶ月で、それ以後の印鑑証明書は役にたちません。印鑑登録をした印鑑以外の印鑑はすべて認印ということになります。実印を紛失したときには印鑑登録の変更や廃止の手続きを早急にする必要があります。盗まれた実印で自分の不動産物件が業者に転売されたり、家屋敷がいつの間にかに他人名義に変わっていたこともありうるからです。実印は相手を信用させる効果があるかわりに、管理を怠ればこうした犯罪にまきこまれることになりかねません。紛失や盗難などに十分気をつけるとともに、扱いも慎重になることが必要です。

お金を借りる!

実印・認印/ 手付・内金/ 借用書/ 自己破産/ 認知/ 親権と未成年者/ 相続順位と相続分/ 代襲相続/ 寄与分/ 特別縁故者/ 遺言の撤回/ 遺留分/ 借金の相続/ 相続人の廃除/ 養子縁組/ 離婚の条件/ 離婚の方法/ 財産分与・慰謝料/ 親権者・監護者/ 親の扶養義務/ 遺言/ 法テラス/ 調停・示談・和解/ 金融取引/ 保険契約/ 日常契約/ 業務契約/ 保証契約/ 契約の無効/ マンション管理組合/ 婚姻法の特色/