子供の喧嘩でケガをしたり、犬に噛まれた場合

未成年者が他人に損害を加えた場合に、その行為の責任を弁識するに足る知能をそなえていなかったとき、つまり責任無能力者であったときには、未成年老自身は賠償責任を負いませんが、その代わりに、これを監督すべき法定義務者が賠償責任を負い、また、監督義務者に代わって無能力者を監督する者も同様の責任を負います。しかし、これらの者は、監督義務を怠らなかったときには免責されます。
責任能力が何歳ぐらいから認められるかは、明らかではなく、だいたい高校生以上、一五歳ぐらいからと考えられますが、具体的に個々の場合に判定されるわけです。一般に、子供には財産がなく、監督義務者たる親権者や後見人に資力があるのですから、子供の責任能力を否定して監督義務者の責任を認めるのが被害者の保護になるのですが、時には子供が億万長者で、後見人は一介のサラリーマンのこともあり、この場合には、できるだけ低い年齢で責任能力を認めることが被害者を保護することになります。また、子供が被用者ですと、民法七一五条の使用者の責任を認める必要から、同様に子供の責任能力を低い年齢で認める傾向にあります。
子供同士の喧嘩で重傷を負った子どもの親や後見人(法定代理人)が、子供のために、負傷させた子供の監督義務者(原則として親権者、後見人)や、子供が学校などにいる間は、校長、園長など代わって監督する者を相手方として、その治療費や、不具者となった場合などはそれによる将来の労働能力減少のために予想される収入減の損害を賠償するよう請求することができます。
ただ、問題は、子供同士の喧嘩というものがある程度は遊戯のような性質をもっていることです。一般に、野球のボールが眼にあたって失明したとか、ボクシングで打ち所が悪くて死亡したとかいう場合には、被害者は競技における多少の危険を予め承諾しているとか、傷害という不法行為に同意を与えているとかいう理論があって、違法性がなくなると解せられ、また、軽度の傷害については、加害者は免責されるという解釈がなされています。それで、子供の遊戯のような喧嘩による傷害も、軽度のものは賠償責任を免れると解するのが妥当ではなかろうかと思います。

スポンサーリンク

お金を借りる!

動物の占有者は、その動物の種類や性質に従い相当の注意をもって保管をした場合でないかぎり、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負います。
娘が隣の犬に顔をかまれ、一生傷あとが残るような場合、犬の飼主である隣人に対して、娘の親権者は娘に代わって損害賠償の請求をすることができます。ただ、隣人は、その犬の性質に応じて、常につないだり、人をかむようなことがないよう相当の注意をして保管していたことを証明すれば、免責されることになります。
また、娘がその犬にいたずらをして犬を怒らせたような場合には、娘の監督義務者、親権者たる父母の監督の過失が斟酌され、損害賠償の額が減額されることがあると思います。
損害額をどのように算定するかは、なかなかむずかしい問題です。もちろん、傷の治療費、入院費など金銭上の損害の賠償は請求できます。ただ、一生傷が顔に残るということは、女性にとっては重大な損失で、幸福な結婚の機会を少なくすると一般にいえましょうが、それを金銭に見積ることや、精神上の苦痛の算定はなかなかむずかしく、結局裁判官の考え方によって、大幅に差異を生ずることになるおそれがあります。この点は慰謝料算定一般についていえることですが、多少、基準のようなものが設けられることが望ましいと思います。
なお、このほか、娘の父母は、愛娘の容貌を傷つけられたことによって、甚大な精神上の苦痛を受けたわけですから、判例によりますと、父母も自分自身の固有の慰謝料を請求することができることになっています。

お金を借りる!

婚約を実行しない相手に責任をとらせたい/ 内縁の妻と労災保険、損害賠償/ 夫がした借金に妻も責任を持つか/ 別居中の夫に生活費を請求したい/ 離婚の際の親権者/ 財産分与、慰謝料の請求/ 離婚のときの取り決めが実行されない/ 結婚していない女性との間に生まれた子/ 弟の子を養子にする手続き/ 誰が親の扶養をするか/ 内縁の妻や再婚の妻の相続権/ 死亡退職金、遺族年金、生命保険金も相続財産か/ 親の借金や保証も相続するか/ 遺産分割の方法/ 遺産相続の際の扶養料の扱い/ 遺言書の作り方/ 自動車事故にあった場合にどこに相談すればよいか/ 賠償の対象となる損害の種類/ 示談後の後遺症と追加賠償請求/ 加害者が不誠実なので調停申立したい/ 被害者が直接、保険金を受けるには/ ひき逃げ事故での被害者の救済/ 業務中の事故はどの保険で請求するか/ 化学工場の悪臭/ 建設工事の騒音や振動/ 隣りの建物による通風や日照妨害/ 地主が私道に車庫を建てた/ 類焼による損害を火元に弁償してもらえるか/ 預けた品物が紛失破損した場合の業者の責任/ 公営の保育園等で子供がケガをした場合/ 子供の喧嘩でケガをしたり、犬に噛まれた場合/ 盗まれた盗品が見つかった場合/