地主が私道に車庫を建てた

地主が私道の途中に車庫を建てたために、車の出入りができなくなりました。どうすればよいのでしょうか。
私有道路というのは、公道に接しない私有地の利用を可能にするために、道路として使用に供されている私有の土地のことです。そして、その所有ないし使用関係は、Aの所有地であって、その道路に沿う土地所有者B、C、Dらが通行地役権を設定しているとか、通行に使用する契約をAと結んでいる場合もありますし、A、B、C、Dらが、その道路について共有の持分を有する場合もあり、また、A、B、C、D各人の所有地をその道路の中に細長く合ませるように分割して各所有地が袋地にならぬようにし、その細長い土地を併合して、例えば四メートル幅の道路として互いに使用するという場合もあります。
ところで、本問の場合は、AがB、C、Dらのために自己所有地を道路として使用することを許諾し、その道路を公道への通路としてB、C、Dらが自己の土地を利用している場合に該当すると考えられます。そして、この場合、Aが一存で車庫を建てるなどして、この私道の幅員を狭めたというときに、B、C、DらがAに対して車庫の除去請求をすることができるかどうかは、私道が都市計画区域内にあるか、区域外にあるかによって違ってきます。
都市計画区域内の土地であれば、建築基準法により幅員四メートル以上の道路に接していないと建築が許されませんので、その道路に突き出して建築物を建てたり、塀などを道ったりしてはならない義務と、その私道上を一般人が通行するのを受忍しなければならない義務を負うものというべきです。したがって、この種の私道では、地主が途中に車庫を建てたりしたときは、その私道に伴う土地の所有者などは、道路として使用する契約にもとづき、あるいは通行地役権にもとづいて、車庫の除去を請求することができるだろうと思います。

スポンサーリンク

お金を借りる!

都市計画区域内でなくて私道に供されている土地については、かなり問題があるように思います。従来、私道としてその道に沿う地主などの通行の用に決していたとしても、空いているので好意的に幅広く通行を黙認していたのにすぎず、必要ができて自ら建物を建てる場合には、人間の通路を全くふさぐことは許されないとしても、自動車の通行までも当然に認める義務を負うわけではありません。
すでにその私道の地主との間に一定の幅員の道路を使用する契約が結ばれていて、車の出入りがその幅員で可能であった場合は、契約にもとづいて従来通り使用する権利があり、車庫の除去を請求しうるものと解しますが、そうでない場合は、車庫の除去請求はむずかしいのではなかろうかと考えます。相手の好意により広い道幅で車などの通行が認められていた場合に、それだけの幅の通行地役権とか使用権が時効取得されるという考え方もできないわけではないでしょうが、それは社会生活における好意を否認し、信義則に反する解釈のように思います。
従来、自分の土地を道路として他人の通行の用に使用させていた者が、道路利用者に対して賃料相当額の損害の賠償を請求することができるか、これまでずっと私道の地主がそれを使用しなかった場合に、なんらの損害もないではないか、という疑問が生じます。しかし、私道所有者は自分のためだけでなく私道利用者のため私道を維持、管理し、私道敷地の賃料相当の犠牲を払い、この犠牲において利用者は利益をうけているのですから、囲繞地通行権を有する袋地所有者の囲繞地所有者に対する損害補償義務に関する規定に準ずる法理により、損害を補償する義務があるといわねばなりません。
道路に使用されている土地の所有者は、実際上は、維持、管理の経費を私道利用者に割り当てて徴収することが困難ではありましょうが、だからといって賠償請求権がないとはいえないでしょう。ただ、その請求権は不法行為による損害賠償の請求権ですから、現在より遡って三年間の分までで、それ以前の分は時効の援用があれば消滅時効により請求を却下されることになります。

お金を借りる!

婚約を実行しない相手に責任をとらせたい/ 内縁の妻と労災保険、損害賠償/ 夫がした借金に妻も責任を持つか/ 別居中の夫に生活費を請求したい/ 離婚の際の親権者/ 財産分与、慰謝料の請求/ 離婚のときの取り決めが実行されない/ 結婚していない女性との間に生まれた子/ 弟の子を養子にする手続き/ 誰が親の扶養をするか/ 内縁の妻や再婚の妻の相続権/ 死亡退職金、遺族年金、生命保険金も相続財産か/ 親の借金や保証も相続するか/ 遺産分割の方法/ 遺産相続の際の扶養料の扱い/ 遺言書の作り方/ 自動車事故にあった場合にどこに相談すればよいか/ 賠償の対象となる損害の種類/ 示談後の後遺症と追加賠償請求/ 加害者が不誠実なので調停申立したい/ 被害者が直接、保険金を受けるには/ ひき逃げ事故での被害者の救済/ 業務中の事故はどの保険で請求するか/ 化学工場の悪臭/ 建設工事の騒音や振動/ 隣りの建物による通風や日照妨害/ 地主が私道に車庫を建てた/ 類焼による損害を火元に弁償してもらえるか/ 預けた品物が紛失破損した場合の業者の責任/ 公営の保育園等で子供がケガをした場合/ 子供の喧嘩でケガをしたり、犬に噛まれた場合/ 盗まれた盗品が見つかった場合/