婚約を実行しない相手に責任をとらせたい

婚約といっても、その仕方は様々で、具体的にそれぞれの場合によって責任も変わってくると思います。一方的な強要に応ずるほかなかったためにとか、将来結婚しようとひそかに約束したような場合から、親や兄弟などの承認のもとに公然と婚約を宣言した場合、さらに、世間の慣習に従ってお互いに結納の金品を取り交わすなど婚約の儀式をして、婚約者として交際を続けているというような場合まで様々ですが、どの場合でも、一方の気が変わって、他方が結婚を望んでいるのに、約束通り結婚しようとせず、破談を申し出たり、他の男や女と結婚したりすると、それを一般に婚約の破棄といいます。
この場合、結婚を望んでいる方は、その違約した相手に精神上の苦痛に対する慰謝料や、結婚生活を期待して家庭用品や住居を準備したり、勤めをやめたりして受けた物質上の損害の賠償を請求したいと考えるでしょう。しかし、結婚することがいやになって、その約束を守らない者つまり破談を申し出た者が、いつでも賠償の責任を負わなければならないというものでは決してありません。世間ではとかく、交際中今一息愛情が深まらず気が進まないのに、先に破約を申し出た方が責任を負わねばならないと考え、言い出さぬままに挙式をしてしまって、取返しのつかないことになる人もあるようですが、どちらから婚約を破るかは、責任をどちらが負うかとは無関係です。とにかく、破談にさせた原因について責任のある一方が、他方に対して、賠償の責任を負うものと考えるべきです。長い間深く交際し、相手方に結婚の期待をもたせておきながら、あまり理由もないのに、突然、他の人と結婚してしまったり、信義に反した人間として許すべからざる行動をした者は、それにより相手方に与えた精神上、物質上の損害を賠償するのは当然のことでしょう。もし、当事者間で満足のできる話合いかつかなければ、家庭裁判所へ調停を申し立て、人情や社会の実情に通じた調停委員の調停案に従うのが賢明と思います。調停が調わない場合は、地方裁判所へ損害賠償請求の訴えを起こすほかありません。

スポンサーリンク

お金を借りる!

裁判での判断となると、婚約には、必ずしも結納の取交しとか、樽人れの儀式とかいうような慣習的儀式があったことは必要ではなく、誠心誠意、将来結婚しようという男女間の合意があれば、婚約の成立を認めています。もっとも、ある程度は友人に知らせるなど公然としたところがないと、このような成立は認めがたいとされるようです。不履行についても、正当な理由の認定がなかなかむずかしい問題であり、肉体関係をもったとかいうようなことがなく、純然たる婚約にとどまる間に気が変わったというような場合は、判決で損害賠償を命じたという例はあまりありません。愛情のない結婚はお互いに不幸であり、婚的中に相手の愛情が失われたならば、婚約解消をすることはかえって相互に幸福だともいえるので、これに対して賠償責任など認めない方がよいとも考えられるからです。
純然たる婚約でなく、学説や判例でいわゆる婚姻予約というのがあります。これは、結婚式を挙げ披露もして、親戚、友人、近隣の人々もみな、夫婦として認めているが、まだ婚姻届をしていないために法律上の夫婦として認められない場合をいい、内縁ともよんでいます。そして、この関係にありながら、婚姻届(つまり婚姻入籍)を肯んじない場合や、婚姻届をしないまま同性関係をやめる場合を、婚姻予約不履行とか、内縁の解消といっています。正当な理由がなく内縁の解消をする者は、他方に対して慰謝料を払ったり、財産上の損害を賠償しなければならず、また内縁中、たとえば女性が家事労働によって男性を助け財産をふやした場合などは、女性の協力分相当の財産の返還をしなければなりません。内縁関係は、婚姻届のなされた正式の夫婦婚姻関係に準じて扱われますので、解消の正当な理由は離婚原因に準じ、慰謝料なども離婚の時の財産分与に準じて考えるのがよいと思います。

お金を借りる!

婚約を実行しない相手に責任をとらせたい/ 内縁の妻と労災保険、損害賠償/ 夫がした借金に妻も責任を持つか/ 別居中の夫に生活費を請求したい/ 離婚の際の親権者/ 財産分与、慰謝料の請求/ 離婚のときの取り決めが実行されない/ 結婚していない女性との間に生まれた子/ 弟の子を養子にする手続き/ 誰が親の扶養をするか/ 内縁の妻や再婚の妻の相続権/ 死亡退職金、遺族年金、生命保険金も相続財産か/ 親の借金や保証も相続するか/ 遺産分割の方法/ 遺産相続の際の扶養料の扱い/ 遺言書の作り方/ 自動車事故にあった場合にどこに相談すればよいか/ 賠償の対象となる損害の種類/ 示談後の後遺症と追加賠償請求/ 加害者が不誠実なので調停申立したい/ 被害者が直接、保険金を受けるには/ ひき逃げ事故での被害者の救済/ 業務中の事故はどの保険で請求するか/ 化学工場の悪臭/ 建設工事の騒音や振動/ 隣りの建物による通風や日照妨害/ 地主が私道に車庫を建てた/ 類焼による損害を火元に弁償してもらえるか/ 預けた品物が紛失破損した場合の業者の責任/ 公営の保育園等で子供がケガをした場合/ 子供の喧嘩でケガをしたり、犬に噛まれた場合/ 盗まれた盗品が見つかった場合/