被差押債権の特定の程度

私の債務者は、A銀行にかなりの預金をもっているらしいのですが、どの支店に、どのような種類と口数を、どれだけの額でもっているか、またどのような名義でもっているかは、はっきりとはつかめません。A銀行へ行って尋ねても敦えてくれません。どの程度これらのことを明確にすれげ、債務者の預金債権を差し押えることができるのでしようか。
債務者の銀行預金は取立てが確実だという点で差押えの目的物としては非常に魅力ある財産です。しかし債務者がどんな預金を特っているか通常はわかっていませんし、調査することも非常に困難です。これを徹底的に調査できるのは強制調査権をもつ税務署くらいかでものだろうと言われています。ところが、法律は債権を差し押える場合には裁判所に対する申立ての中で差し押えたい債権の種類及び数額を明示しなければならないと定めています。 なぜこのように特定することが必要かというと、裁判所は別段独自の調査をせずに申立てのとおりの差押命令を発してこれを第三債務者と債務者に送達することになっています。第三債務者への送達によって差押えの効力が発生し第三債務者は債務者への弁済が禁じられ、もし弁済してしまった場合には、改めて差押債権者が弁済を求めてきたときには二重弁済をしなければならない立場に置かれます。ですから、差押命令にはどの債権が差し押えられたのかを明確にしておかなければ第三債務者の地位が非常に不安になるわけです。これを逆から言うと、第三債務者からみてどの債権が差し押えられたかを明確に知り得る程度に特定されておればそれで十分だということがいえるわけです。したがって、債権の種類と数額として差押えの申立書に表示し差押命令に記載された債権がかりに実際に存した債権と厳密には一致していなくても、差押えは必ず無効になるといったものではありません。では差押えを無効にしない程度の特定とは具体的にどのような場合をいうのでしょうか。架空の名義、第三者名義またはペンネーム、芸名等で預金が行なわれている場合に、債務者の本名で差し押えても差押えは無効とした下級審の判例があります。しかし、Aという名義の預金は実はBの預金だということを銀行が知っている場合には、Bと表示した差押命令でどの預金が差し押えられたのかわかるはずだから、差押えの効力を認めてもよいという考え方も成り立ちます。この点は毎日多量の事務を処理し、また顧客の利益の保護にも意を用いねばならない銀行側の事情を、どの程度考慮すべきかという難しい問題です。したがって、できるならばA名義のBの預金またはAことBの預金として特定するにこしたことはありません。これと関連して無記名定期預金は債権差押えの方法では差し押えることはできず、有休動産の差押えの方法により預金証券を執行官が占有し、そのあと手形などの場合と同様に処理するほかないと考えられています。

スポンサーリンク

お金を借りる!

A銀行とは判っていてもどの支店か判らないときにA銀行の本店へ差押命令を送達すればよいとすると、本店としては全国の各支店に照会してどの支店に問題の預金があるのか調べなければならないという大きな負担をかぶらねばなりません。したがって、どの店舗の預金かを特定して差押命令を得なければ差押えは無効であるという考え方が有力です。とすると差押命令の送 達は、支店長が支配人ならば支店長宛にしますが、支配人でない場合でも代表取締役宛としながら送達場所はその店舗所在地としなければなりません。特定の支店 を表示した差押命令を本店に送達しても、本店からその支店へ通知が行くまでに預金が払い戻されてしまった場合には、これは有効な弁済と考えざるを得ないからです。
定期預金と表示したら実は普通預金しかなかったとか、100万円の預金一口と表示したら実は50万円二口だったとかいう場合で、実際上しばしば問題になります。特定の問題を論じる目的を前述のように第三債務者の保護という観点から考えますと、金額の違いや、預入日、期限などの点での喰い違いは問題の支店にある債務者の預金の総額が執行債権額以下である場合には特定に困難を生じることはありません。たとえば下級審判例は、実際には1200万円あった当座預金を2000万円と表示した揚合、実際には100万円二口の定期預金を200万円一口と表示した場合に、これが債務者の当該銀行における唯一の預金であったことを認定して差押えを有効と認めています。ただ普通預金と表示したら実は定期預金だったという場合には、その定期預金が唯一の預金であった場合でも銀行側に調査の手間をとらせることになるので問題とする向きもありますが、多分判例の傾向からすれば差押えは有効と認められるのではないかと思われます。
一番問題となるのは預金が数日あってその合計額が執行債権の額をこえるためどのロの預金が差し押えられたかを知りえない場合です。たとえば下級審判例は、200万円の預金のうち41万円を差し押えると表示したのに実は100万円の預金が二口であったという場合、どちらの預金を差し押えたのか判らないから差押えは無効だとしています。この場合、もし200万円のうち101万円を差し押えておれば双方とも差し押えるということで問題なかったはずです。これと似た事例で、500万円の定期預金三口の合計1500万円のうち500万円を差し押える旨の差押命令はそれ自体不明確で差押えの効力を生じないとしたものがあります。しかしこの場合でも、実際には預金が1500万円の一口であった場合、あるいはニロ以上あってもその合計が少なくて全預金が差し押えられたと考えられる場合には、それでよいことになります。
それではこのような揚合、差押債権者としてはどのようにしたらよいでしょうか。ある判例は、200万円の定期預金のうち31万余円を差し押えるとの仮差押命令があった揚合、実は債務者の定期預金は一ロ5000円から5万円の計二四口であったという事実で差押えを無効としましたが、このように解しても差押えが不可能になるわけではないと付言し、預入れの日時や金高の大小などを基準として、例えば数日の定期預金がある場合には預入日の最も古いものから預入日の順序に従って請求金額に満つるまで順次に差押えるとか、金額の最も多いものから順次に請求金額に満つるまで差押えるとかいうような方法で被差押債権を特定する ことができないわけではないと述べています。その趣旨はいまひとつ明らかでありませんが、差押債権者が預金の種類も口数も知らない場合には、預金が数種あれば定期預金、普通預金、当座預金の順に、またもし数ロある揚合には金額の多い順にというように特定することまでを許す趣旨だとすれば、預金特定の困難の多く は除かれてしまうことになるでしょう。そして判例の動向からしてその程度まで許される可能性が大きいと湾えられます。

お金を借りる!

特約による事前求償権/ 債権譲渡による保全と回収/ 手形書替え/ 債務引受と更改/ 履行引受による保全と回収/ 債務者と保証人の追加/ 限定承認と保全/ 根保証債務の相続/ 根保証人の解約権/ 物上保証人の死亡と担保解約/ 第二会社への債権保全/ 強制執行と執行手続き/ 督促手続/ 公正証書による強制執行/ 訴訟と調停/ 仮差押えの要件/ 仮差押え命令の取消し/ 動産に対する強制執行/ 被差押債権の特定の程度/ 債権差押えの効力の範囲/ 取立命令と転付命令/ 債権の二重差押と第三債務者/ 二重差押えの禁止/ 保全処分と強制執行/ 滞納処分と差押え/ 倒産と整理/ 破産宣告の申立て/ 和議と会社整理手続/ 更生手続開始決定前の保全処分/ 破産債権/ 財団債権/ 別除権と更生担保権/ 譲渡担保と破産/ 否認権/ 相殺権/ 時効の制度/ 時効期間/ 割賦弁済での期限の利益喪失約款/ 時効の中断/ 中断事由としての裁判上の請求/ 相殺の意思表示と時効中断/ 手形の呈示なき催告の時効中断/ 一部弁済と時効の中断/ 手形債務の承認による時効中断/ 連帯保証人への請求と時効中断/ 時効の援用権者/ 時効援用の時期/ 時効援用の場所/ 時効の援用と放棄/