手形担保貸付

手形担保貸付とは、商業手形を割り引く代わりに、これを担保として貸付をなすことをいいます。商業手形によって金融の途を図るには、手形割引によることができるのはもちろんで、むしろ実務上は通常、手形割引の方法によっているといわれています。ところが金銭貸借の借主の有する商業手形が少額、多数のものである場合には、いちいちその信用調査をして手形を割り引くのは面倒であるために、割引に代えて手形の総金額の一定の割合の金額を担保価値として手形貸付を行ないまたは、手形の一部割引はできないので、入用な全額に比して高額な商業手形の場含には手形割引の方法はとれず、その手形を担保として手形全額の一部について手形貸付をすることが必要なのです。

スポンサーリンク

お金を借りる!

手形担保貸付の手続きはほとんど道常の手形貸付と同じですが、一般に当該商業手形に譲渡裏書をして、担保差入証とともに貸付銀行に交付され、さらに借主は借入金額に相当する約束手形を振り出して銀行に引き渡します。したがって手形担保貸付は形式的には手形貸付ですが、実質的、経済的には手形割引にほかならないといえます。
貸付人は、金銭消費貸借債権のほか、借主の振り出した約束手形上の権利と担保手形上の権利の各権利を取得します。
担保手形上の権利行使は手形金の取立による消費貸借債権への弁済充当の形式をとりますが、一般に貸付人が譲渡裏害によって受け取った手形は担保の目的で譲渡されたものであるために、手形担保貸付の法的性質は譲渡担保契約であり、したがって貸付人は担保手形の満期が到来しているかぎり当然に手形取立金を貸金の弁済に充当でき、借主は貸付金を弁済した場合にはじめて取立金の引渡を請求できることになります。しかし、担保手形金の取立については、銀行取引約定書では、担保は、かならずしも法定の手続によらず、一般に適当と認められる方法、時期、価格等により貴行において取立または処分のうえ、その取得金から諸費用を差し引いた残額を法定の順序にかかわらず債務の弁済に充当されても異議なく、なお残債務がある場合には、直ちに弁済いたします。と定められているので、消費貸借債権の弁済期 前であっても、銀行は手形債権者として手形金を取り立て、順次、弁済に充当することができることになります。通常の譲渡担保では金銭消費貸借債権の弁済期が未到来の間は、手形金を取り立てて直ちに弁済に充当することは許されないために、手形担保貸付による担保手形の引渡を譲渡担保とみても、それは一般の譲渡担保とは異なるものと考えられ、それはむしろ金銭消費貸借債権の支払の方法、あるいは支払のために譲渡されたものであるとの主張もなされています。
弁済の充当について、銀行実務上は、取り立てた手形金額は一応、借主名義の預金に入れておき、一定金額に達すると弁済に充当する手続によっているといわれます。
貸付人は手形担保貸付によって、金銭消費貸借債権、担保手形上の権利、借主の振り出した約束手形上の権利の各権利を併有しているので、それら権利の行使の順序で間題となるのは、金銭消費貸借債権と担保手形債権の双方の履行期ないし期日がともに到来している場合ですが、手形担保貸付は実質的に手形割引であり、したがって銀行に差し入れられた担保手形は消費貸借債権の支払の方法ないし支払のために引き渡されたものであると考えれば、まず担保手形上の権利を先に行使すべきであるということになります。
全銭消費貸借上の債権と借主の振り出した約束手形上の権利の行使の順序は手形貸付の場合と同様といえます。

お金を借りる!

割賦販売での金銭貸借/ 買戻約款付売買と金銭貸借/ 建設協力金/ 金銭貸借とリース契約/ 金銭貸借と金銭預託/ 当座貸越/ 手形貸付/ 手形の書替/ 融通手形/ 手形割引/ 手形買戻請求権/ 手形担保貸付/ 法人に対する貸付/ 権利能力のない社団への貸付/ 未成年者と金銭貸借/ 実印持参者との金銭貸借/ 貸付先の死亡と金銭貸借/ 個人貸付先の法人成りと金銭貸借/ 貸付先の会社の合併/ 貸付先の法人の消滅/ 更生会社に対する貸付/ 貸付先が更生会社/ 貸付先の破産宣告/ 貸付先に対する意思表示/