準備書面の効果

Xは、Yに五〇万円を貸したが、支払いがないので貸金返還請求の訴えを提起しました。YはX主張の事実を否認し、請求棄却を求める答弁書を提出しましたが、口頭弁論期日には欠席しました。Xはその提出した準備書面には何ら言及されていない借用証書を同期日において証拠として提出し、第一審はこれをとって消賃貸借の成立を認め、ただちに口頭弁論を終結し、次回の期日にX勝訴の判決をしました。
準備書面とは何か。準備書面を提出しないとどういう点で不利になるでしょうか。また、提出しておけばどういう点で有利になるでしょうか。
設例における第一審裁判所の取扱いは適法でしょうか。
第一審判決に対し、Yは控訴したが、準備書面も提出せず口頭弁論期日にも出頭しないまま、控訴棄却の判決がなされました。これに対し、Yはさらに上告し、第一審および第二審裁判所が準備書面に記載されていない借用証書を事実認定の資料にしたのは違法であると争った。その当否はどうでしょうか。

スポンサーリンク

お金を借りる!

弁論の能率を上げるための準備の一制度として、準備書面の交換の制度があります。準備書面とは、当事者が口頭弁論において陳述しようとする事項を、予告的に記載して裁判所へ提出する書面をいいます。訴状・上訴状は、その必要的記載事項以外の攻撃防禦方法を記載する場合は、同時に準備書面の用を兼ねます。被告・被上訴人の本案の申立てを記載した最初の準備書面を特に答弁書と称することがあります。そして、準備書面の提出を奨励するために、その提出には利益が、その不提出には不利益が結びつけられています。すなわち、(1)準備書面に記載しない事実は、相手方不在活のときは、口頭弁論においてこれを主張することができません。これは、欠席当事者の不意打ち裁判からの保護です。相手方が在廷するときは、これを主張することができますが、相手方に準備がないため即答できず、そのために続行期日を必要とし、訴訟が遅滞したと認められるときは、勝訴しても遅滞により生じた訴訟費用の負担を命ぜられることがあります。なお、この事実には、証拠の申出も含まれます。(2)準備書面を提出しておくと、最初になすべき口頭弁論または準備手続の期日に欠席した場合にも、その記載事項は陳述したものとして取り扱われます。また、準備手続前に提出した準備書面に記載した事項は、準備手続で陳述しなかったときでも口頭弁論で主張することが許されます。さらに、被告が本案につき準備書面を提出した後は、原告は、その同意がなければ訴えを取り下げることができなくなります。
準備書面の制度は、口頭弁論において、当事者の予想し得ない事項があらわれ、これによって不意打ち裁判を受けることを避ける趣旨に出たものであるから、設例の第一審裁判所は、続行期日を定め、出頭した当事者にあらためて準備書面を提出させるべきでした。
しかしながら、相手方において、質問の如く、第二審において第一審裁判所の認定した事実が主張されまた、そのための証拠の提出が十分予想される場合には、準備書面に記載のない借用証書を事実認定の資料にしても違法とはいえません。

お金を借りる!

民事訴訟解決の手段/ 裁判を受ける権利/ 訴訟と非訟/ 裁判所の構成/ 訴額の算定/ 裁判権/ 併合請求の裁判籍/ 合意管轄/ 裁判官の除斥/ 裁判官の忌避/ 当事者の確定/ 氏名冒用訴訟/ 訴訟能力/ 会社の代表/ 訴訟上の代理人1/ 訴訟上の代理人2/ 訴訟上の代理人3/ 訴え・請求・申立/ 給付の訴え1/ 給付の訴え2/ 確認の訴え1/ 確認の訴え2/ 確認の訴え3/ 確認の訴え4/ 株主総会決議取消訴訟/ 債権者代位訴訟1/ 債権者代位訴訟2/ 民法上の組合と訴訟/ 任意的訴訟担当/ 請求の特定(訴訟物理論)/ 一部請求/ 二重起訴の禁止/ 責問権/ 弁論主義/ 釈明権/ 弁論主義の排除/ 訴訟行為の評価/ 不起訴の合意/ 相殺の抗弁/ 準備書面の効果/ 準備手続/ 当事者双方の欠席/ 間接反証/