経営収支と経営外収支

企業では、様々な収入があり、いろいろな支払がありますが、大別すると、次のように分けることができます。

経常収支
 収入 - 収益の収入、したがって、売上収入と営業外収益の収入
 支出 - 費用の支払、したがって、材料代の支払、人件費の支払、その他諸費用の支払
経常外取支
 決算関係の支払 - 法人税等税金、配当、役員賞与の支払
 固定資産関係の収支 - 固定資産の売却収入と固定資産代の支払
 財務関係の収支 - 借入、増資による収入と借入金の返済
 その他の収支 - 従業員からの預り金による収入とその返済などこのように、収益の収入と費用の支払を経常収支とするわけですから、経常収支は、いわば損益に直接の関係のある収支であるということになります。また、経常外収支は、損益に直接の関係のない収支でもあるということになります。

スポンサーリンク

お金を借りる!

収支には、上のように、様々なものがありますが、いずれも現金の収支であり、現金には差別、差等はありませんから、いずれも同じ程度において重要な収支です。しかし、少し観点を変えて、様々な収支のうちで、いわば本源的な収支、したがって、他の収支を左右決定しうるような収支という意味で最も重要なものは、経常収支であるということができます。経常収支が収入超過になると、その収入超過金で、決算関係の支払や財務関係の支払などができるようになりますが、反対に経常収支が支払超過になると、原則として、則務関係の収入や固定資産関係の収入がないと、材料代支払など費用の支払ができず、また決算関係の支払ができないことになるのです。
そのような意味で、経常収支が最も重要な収支といえますので、収支を最も重要な経常収支にしぼって、経常収支が収入超過になっているかどうかをみるようにすると、収支の状況が良好かどうか、したがってまた、材料代などの費用支払や、借入金などの返済、支払の力があるかどうかがつかめるようになります。少なくとも、つかむのが客易になります。
収入の状況が良好かどうか、支払能力があるかどうかは、次のような経常収支比率をみるとわかります。この経常収支比率は、分子を経常支出、分母を経常収入とするようにしてもさしつかえありません。

経常収支比率=経営収支/経営支出

経常収支は、普通は収入超過になり、また収入超過になるのが望ましいのです。これが収入超過の場合は、経常収入で、材料代の支払など費用の支払が十分でき、また収入超過金でもって決算関係の支払や借入金の返済など、経常外の諸支払ができるようになりますが、経常収支が支払超過の場合は、経常収入では、費用の支払ができず、原則として、借入、増資による収入や、固定資産の売却収入がないと、決算関係の支払などはもちろん、材料代など費用の支払もできなくなるからです。したがって、上のような経常収支比率は、普通は100%以上になり、また100%以上になることが望ましいのです。それが100%以下であるのは、借入金の返済など経常外の支払はもちろん、売上収入のような経常収入では、材料代などの費用の支払もできないことを意味して、よくない状態といえます。

お金を借りる!

信用調査/ 販売先に対して行なう信用調査/ 信用調査の手順/ 調査対象企業の検討/ 大企業と中小企業調査の相違/ 製造業調査と販売業調査の相違/ 企業の面接調査の必要性/ 企業の実地調査/ 経営者の経営能力調査/ 従業員の状態の調査/ 業界調査の目的と注意事項/ 生産技術の水準/ 立地条件の適否の判断/ 財務調査の意味/ 貸借対照表と損益計算書/ 包括主義計算と当期業積主義計算/ 監査報告書の内容/ 監査報告書の見方/ 企業の支払能力の考え方/ 支払能力の動態的と静態的の比較/ 経営収支と経営外収支/ 資金表の種類/ 運転資金の考え方/ 経営者と企業活動の運転資金/ 資金運用表の見方/ 財務諸表の粉飾/ 融通手形が出る原因と種類/ 税務申告書類での粉飾決算の有無/ 目標利益の決め方/ 見積財務諸表の機能/ 担保の意義と種類/ 不動産担保の注意点/ 工場の担保評価/ 担保不動産評価額の考え方/ 担保価格に変動がある場合/