貸借対照表と損益計算書

財務諸表とは何かについては、様々な説明ができると思いますが、財務諸表とは、企業の財務の状態、および内容を表示するようにした諸表です。
財務諸表には、様々なものがあります。また、商法、財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則、企業会計原則でも、それぞれ多少異なった財務諸表をあげています。それを示すと、次のとおりです。

商法による財務諸表
 財務目録
 貸借対照表
 営業報告書
 損益計算書
 準備金及び利益または利息の配当に関する議案
 付属書類

財務諸表規則による財務諸表
 貸借対照表
 損益計算書
 余剰金計算書
 余剰金処分計算書または欠損金処理計算書
 付属明細表

企業会計原則による財務諸表
 損益計算書
 利益余剰金計算書
 余剰金処分計算書
 貸借対照表
 財務諸表付属明細表
このほかに、資金繰表なども収支の状況を表わすもので、則務諸表です。このように、財務諸表には様々なものがありますが、その主たるものは、貸借対照表と損益計算書です。また製造工業会社では、製造原価報告書も重要です。

スポンサーリンク

お金を借りる!

貸借対照表では、左右2つの欄に分け、左側の欄では、資産を表示し、右側の欄では負債と資本を表示するようになっています。このような型の貸借対照表を勘定式の貸借対照表といっています。
まず、右側では負債と資本が表示されますが、負債は支払手形や短期借入金のような返済期限が1年以内の短期の負債(流動負債)と、長期借入金のような返済期限が1年以上の長期の負債(固定負債)とに分けて示されます。また、質本は資本金、利益準備金(法定の利益積立)等々、項目別に表示されることになっています。
負債は、借入金のように、他人から資本を借入れたもの、および、支払手形、買掛金のように、他人から資本を借入れているとみることもできるものですから、他人資本ということもあります。それに対して資本は、資本金のように、出資者が出資した資本、および積立金のように出資者が出資したとみらるもので、自己資本ともいいます。
このようにみると、貸借対照表の右側(負債および資本の部)では、何が表示されているかがわかります。それは、どういう形の資本をそれぞれどれだけ調達しているかを示しているのであって、財務の一面である資本調達を示しているとみられるのです。
次に、貸借対照表の左側では、資産が示されますが、それが、現金預金、受取手形、製品などのように、1年以下の短期間のうちに使用などによってなくなる資産(流動資産)と、建物、機械装置などのように、1年以上の長期間使用される資産(固定資産)と、創業費などのような繰廷資産に分けて示されます。
このような資産は、資本が現金預金、製品、機械装置などとして運用されています。いわば資本運用の具体的な形であるとも考えられます。資本は一面では、現金、設備資産、材料、仕掛品、製品、完掛金、受取手形、現金という形をとって運用されていくわけですが、そういう資本循環環をある一時点においてとらえたものが、現金預金をはじめとする諸資産であるということもできます。よって貸借対照表の左側(資産の部)は、そういう資本運用の形を表示しているということもできます。
このようにみると、貸措対照表は、資本の調達と資本循環という資本の運用を表示するものであるといえます。
損益計算書ではまず、売上高から売上原価を引いて売上総利益を算出します。ついで、売上総利益から、販売費と一般管理費を引いて営業利益を算出します。次に、営業利益に営業外収益を加え、また営業外費用を引いて、経常利益を算出します。最後に経常利益に特別利益を加え、また特別損失を引いて当期利益を算出するようにします。この損益計算書は、このような形になっていますが、このような型の損益計算告を報告式の損益計算書といっています。
損益計算書は、勘定式で示すこともできますが、この型でみると、損益計算書が何を表示するのかが、よくわかります。損益計算書は、その期間における費用と収益とを対比して、利益がどれだけ生じたかを計算表示するようにするものです。だから、損益計算書は費用、収益、利益という資本運用の状態を表示するものなのです。

お金を借りる!

信用調査/ 販売先に対して行なう信用調査/ 信用調査の手順/ 調査対象企業の検討/ 大企業と中小企業調査の相違/ 製造業調査と販売業調査の相違/ 企業の面接調査の必要性/ 企業の実地調査/ 経営者の経営能力調査/ 従業員の状態の調査/ 業界調査の目的と注意事項/ 生産技術の水準/ 立地条件の適否の判断/ 財務調査の意味/ 貸借対照表と損益計算書/ 包括主義計算と当期業積主義計算/ 監査報告書の内容/ 監査報告書の見方/ 企業の支払能力の考え方/ 支払能力の動態的と静態的の比較/ 経営収支と経営外収支/ 資金表の種類/ 運転資金の考え方/ 経営者と企業活動の運転資金/ 資金運用表の見方/ 財務諸表の粉飾/ 融通手形が出る原因と種類/ 税務申告書類での粉飾決算の有無/ 目標利益の決め方/ 見積財務諸表の機能/ 担保の意義と種類/ 不動産担保の注意点/ 工場の担保評価/ 担保不動産評価額の考え方/ 担保価格に変動がある場合/