手形貸付と手形割引

金銭貸借に際して手形の授受がなされることはきわめて多く、金融機関の金銭貸付は,ほとんどが手形を授受することによって行われている実情です。手形貸付は貸付に際し借主より借用証書を提出せしめる代りに、または稀にはこれとともに、貸金債権を確保するために手形を徴するものであって、その性質は金銭貸借です。手形割引は満期日の到来しない手形を買入れることをいうのであって、買主である銀行が、満期日までの利息を手形金額から差引いて買入れるので、割引の語が用いられますが、その目的は通常の商品のように、手形を売買するのに在って、その性質は手形の売買契約ですしたがって、この両者は、法律上全然別個の性質を有するわけです。のみならず、経済上もこの両者は大いに異り、手形貸付の手形は貸付の際に作成せられ、貸主が借主より特定の物的担保を徴さない限り、特別の裏付けのない手形ですが、手形割引は既存の取引関係による債権の存在を前提とし、したがって現金化される可能性示きわめて大きく、そのため手形貸付の手形に比し、譲渡可能性も大きい。

スポンサーリンク

お金を借りる!

手形割引料について利息制限法の適用はありません。利息制限法第3条に割引金を利息とみなしていますが、それは金銭貸借の存在を前提とするものであって、一般の手形割引における割引料をいうのではありません。
当座貸越とは、当座勘定取引に随伴して貸越をすることをいいます。当座勘定取引契約によれば、預金者は銀行に対して、何時でも銀行を支払人とする小切手を振出して、この小切手資金の用に供する当座預金を有し、預金者は、このような小切手を振出して自己の債務を支払い、受取人はこの受取った小切手をもって自己の取引銀行に取立委任をなし、支払人たる銀行は、小切手金額を支払った求償債権と、当座預金払戻債務とを相殺するのです。ところが、当座貸越においては、預金者が、その有する当座預金の額を超過して小切手を振出した場合においても、銀行は一定限度まで、その支払いをなし、その超過支払額については、一定率の利息を付し、且つ一定時期に弁済せしめるべきことを約するのです。
当座貸越契約の法的性質については、異論があり、これは、銀行が預金者の依頼により、当座預金を超過して小切手の支払をしたときは、その超過額の求償権を取得しますが、かかる銀行の求償権にもとづく預金者の銀行に対する求償金支払債務につき、それが発生することを停止条件として、当事者がこれをもって、金銭貸借の目的とすることを停止条件付準金銭貸借、当座貸越契約の際に、あらかじめ約束しているものと解し、当座貸越契約は、小切手支払事務の委任を目的とする委任契約および、超過金支払の場合に、その求償権の発生を停止条件とする、準金銭貸借契約を包含するものと解するのです。
当座貸越契約は、契約の際には、まだ貸付額が、具体的に確定せず、将来においてのみ確定するものですが、銀行は契約と同時に、あらかじめ契約者より担保物を提供せしめるのが普通です。この場合には、担保権は具体的な債権発生前に発生するのであるため、いわゆる根抵当に属するのであって、その性質は債権の発生を停止条件とする質権又は抵当権の設定契約と解せられます。

お金を借りる!

消費貸借/ 消費貸借の効力/ 金銭消費貸借の機能/ 金銭消費貸借の成立/ 手形貸付と手形割引/ 保証債務/ 保証債務の内容/ 連帯保証の意義/ 共同保証と連帯債務/ 連帯債務の効力/ 根保証の意義/ 手形保証と手形裏書/ 抵当権の意義/ 連帯債務者と保証人/ 抵当権の効力と次順位の昇格/ 担保の変動/ 不動産抵当権実行手続/ 不動産の意義と不動産抵当/ 抵当権の効力/ 不動産抵当権設定登記/ 根抵当権/ 被担保債権元本の確定/ 根抵当権の随伴性/ 相続合併と根抵当権/ 根抵当権の一部譲渡と準共有/ 工場抵当/ 工場抵当権設定手続/ 漁業財団抵当/ 船舶抵当権/ 質権/ 質権者の権利/ 動産質/