内縁の妻は亡夫の借家権を引き継ぐか

内縁の夫名義マンションを借りていましたが、夫が死んだら家主から改めて高い権利金を請求されましたが、どうすればよいのでしょうか。
マンションの家主の考えでは、貸したのはあなたの内縁の夫なのだから、彼が死んだ以上その一室は自分のもとに戻り、これを他人に貸せば相当の権利金を取れるところ、あなたが引き続き住んでいるため、新しくあなたに貸すが、この権利金にみあう金銭を払うべきである、というところでしょう。しかし、かりにあなたの籍が入っているとしますと、家主の言い分はまったく理由がないことになります。というのは、マンションに対する借家権が、夫死亡により妻であるあなたに相続され、その結果、夫対家主の関係がそのまま家主とあなたの間に存続することになるからです。ですから、内縁の夫に身内がなく誰もマンションの借家権を相続しないという事情があれば、借家法七条の二の「居住用建物の賃借人が相続人なくして死亡した場合、その当時婚姻または縁組の届出をしていなくともその賃借人と事実上夫婦または養親子と同様の関係にあった同居者があるときは、その者が賃借人の権利義務を承継する」という規定によって、あなたが借家権を取得することとなり、相続ではありませんが相続の場合と同じように取り扱われますので、改めて権利金を払う必要はないといえます。

スポンサーリンク

お金を借りる!

相続人、例えば子や親があるときはどうなるでしょうか。あなたにはこの場合借家権を引き継ぐ権利はありませんから、借家権を相続した人から頼まれて、あるいは、その許しを得て住んでいるというよりほかないように思われます。しかし、このようにいえるのは、その相続人とあなたとの仲がうまく行っている場合に限られます。例えば、内縁の後妻と先妻の子との間が和やかであることは稀でしょうから、後妻が先妻の子の権利によりかかって家主に対抗できる場合は、少ないといえます。あなたの場合、相続人の借家権を引き合いに出せればそれにこしたことはなく、「相続人に話してほしい」と家主に返答すればよいでしょう。もし、相続人とうまく折れ合えないような関係であれば、次のように家主にいえばよい、と考えます。
本問の趣旨によりますと、マンションを借りる際、あなたと内縁の夫と二人で住むことが明らかであった、と想像されます。もし、名義はその夫のものとするが、じつは現実に住むのはあなた一人である、という事情があったとしても、ことはまったく同様です。このような場合には、家主としてはあなたがた二人に貸しだのであって、たとえ名義が夫だけになっていたとしても、それは二人を代表して夫が家主といろいろの約束を取り交わしたのだ、と考えられましょう。そうだとしますと、名義人が死亡したのをいいことに、残された内縁の妻に高額の権利金を請求する家主の態度は、信義誠実の原則に反するものとして、法律上許されないということができます。おそらく家主は、権利金を払わないのならば、マンションの一室を明け渡してほしい、と言ってくるでしょうが、このような理由を述べて、拒絶すればよい、と考えます。
なお、あなたが後妻で、夫と死亡した先妻との間に生まれた子があり、その子が、マンションの借家権は自分が相続したのだから、なんの権利もない後妻は出て行け、と主張したとしますと、あなたは黙ってマンションを明け渡さなければならないのでしょうか。この場合、相続人たる子が借家権を相続しないというのは無理でしょうから、判例は、相続を認めながらも、内縁の妻にもできるかぎりそのマンションに住む権利(いわゆる居住権)を認めようとしています。ですから住むに困らない相続人が内縁の妻にマンションの明渡しを請求することは、権利の濫用として許されませんし、相続人も住居に困っている場合には、そのマンションに同居せよということになります。
いずれにしても、内縁の妻は、いままで夫と住んでいた家に、新たに権利金など払わなくても、一生住めることになっているといってまちがいありません。

お金を借りる!

試用期間中に解雇された/ 仕事中に負傷したときの補償/ 倒産の場合の未払賃金や退職金/ 結婚したら退職するという誓約書の効力/ 配転、転勤は拒否できるか/ デモで逮捕されたら解雇されるか/ 労働者はいつでも退職できるか/ 機械を賃借している場合の故障中の使用料は/ クビになった集金人に支払ったら/ 中古車を売買するときの注意点/ 見本と違う商品を送られたときの処理/ 店舗拡張のため銀行から融資を受けたい/ 恩給を担保にすることができるか/ 子供が生まれたら明け渡すという約束/ 一方的に賃料の値上げを請求された/ 家主が変わり明渡しを請求された/ 借地権の譲渡と借家の転貸し/ 建物の増改築の申入と地主、家主の承諾/ 契約更新の申入れと地主、家主の拒絶/ 造作買取請求権と引渡し拒否/ 内縁の妻は亡夫の借家権を引き継ぐか/ 土地建物を売買するときに必要な調査と準備/ 売買契約書に捺印する際の注意点/ 代理人と取引する場合に注意すること/ 売主の登記移転義務と買主の代金支払義務/ 建売住宅の雨漏り修理費/ 積立を完了したが、建築に着手してくれない/ 購入した土地が登記面積よりも少ない/ 違反建築物を買ったとき/