調停の特長と欠点

 調停の良いところは、裁判がとかく形式的なものであるのに反して調停はまったく形式抜きのなごやかな空気のうちにおこなわれることです。つまり調停裁判は条理にかない実情に即した事件の解決、当事者のおたがいの利益を円満に解決するものなのであるから、ふつうの裁判による場合のような判決における勝ち負けといったものはないのです。

スポンサーリンク

 調停の特長をあげると、ふつうの裁判では弁護士を頼むことになるが、調停は話し合い裁判だからその必要はありません。
 調停委員は事件を円満に解決し、不調におわらせることのないように、解決点を見出すべく当事者といっしょになって問題解決のために努力してくれます。
 法的証拠としての私正証書または借用証のない場合でも調停を利用することができる。
 調停はひとたび成立すると、和解とおなじ効力を持つことになります。
 よくない点をあげれば調停は不成立におわる場合もあり得るということです。
 不成立におわった場合は正式の裁判によって勝ち負けを争うことになりますが、なるべくならば調停の特長を生かしてなごやかな空気のうちに事件を解決したいものです。
 調停委員会から呼び出しを受けたが、どうしても指定された日に出頭できない事情が発生した場合、このような場合、代理人ではどうなのでしょうか。
 調停は本人第一主義をそのたてまえとしているのであるから、調停委員会からの呼び出しを受けたときは、自ら出席しなければならないことになっているのです。
 つまり事件の解決にあたっては事件をいちばんよく知っている人同士が膝をつきあわせて話し合うことによって解決のためのよい糸口がつかめるからです。
 とはいっても、たとえば会社の出張とか病気などのためにどうしても出頭できない場合はやむを得ない。特別の理由あるものとして代理人を出頭させることもゆるされているのです。
 ただしこの場合、弁護士ではない人を代理人または補佐人とする場合は、あらかじめ調停委員会の許可を得ておかなければならないことになっています。
 なぜというに、代理人または補佐人の出頭を無制限にゆるすとしたら調停が混乱するばかりでなく、調停の主旨であるなごやかな本人同士での解決ということの意味がなくなってしまうからです。

お金を借りる!

お金の借り方の心得/ 手形でお金を借りるとき/ 手形でもらったが心配/ 約束手形と為替手形の相違点/ 返済ができなくて延期を申し入れたが貸主が承諾しないとき/ 調停の特長と欠点/ 返済金を供託でするには/ 借金の返済が終わっても貸主が借用証書を返してくれないとき/ 家の増築にも抵当権の効力は及ぶか/ 抵当の対象となりうるもの/ 担保物件を貸主が使用している/ 担保物件の転質は合法か/ 根抵当の解約はできるか/ 元金が時効になったら遅延損害金はどうなる/ 連帯債務者になったら最後まで責任をとらなければならないか/ 競売はどのようにしてされるか/ 強制執行で異議を申し立てたいが/