手形でお金を借りるとき

 手形は信用取引の一種として広く用いられています。手形には貸付と割引とありますが、貸付は借主が貸主にあてて手形を書いてお金を借りることです。手形は第三者に保証のための裏書きをたのむ場合もありますが、いずれにしてもこういう形式で金銭の貸借をする場合は、その手形が借用証のかわりになるのは周知の事実といってよいでしょう。
 貸主には、この手形を受けとったらどういう権利が生ずるかというと、ふつう借用証をとることによってお金を貸したときは単に金銭貸借上の権利があるにとどまりますが、手形で貸付の場合だと、手形の所持人としての権利をもつことになります。
 つまり貸主は、これを回収する場合にふつうの貸借上の権利をつかうこともできるし、また手形上の権利を行使することもできるわけです。したがって、もし手形の権利が消滅したとしても貸借上の権利があるわけだから、それによって権利を主張することができます。貸金を回収することができるのです。

スポンサーリンク

 一般に手形の貸付と割引は混同されてつかわれているようですが、手形の割引は第三者から手にはいった手形に自分で表書きして貸主にわたし、その手形金額から割引に必要な一定の金額を差し引いた残額を借主が受けとるという方式です。
 いうなれば、貸主としては手形を一定の金額で割引いて借主から買うようなものです。もっとも手形の割引は、つねに裏書きによるものばかりとはかぎりません。そこで、一般には手形の貸付なのか、割引なのかをそうやかましくいう必要はありません。
 東京控訴院の判決によれば「手形割引きとは必ずしも手形所持人が、その手形を裏書きの方法によって譲渡して資金の融通を受ける場合のみに限定せられるべきものにあらずして、新たに約束手形を振出して受取人に交付し、または他人の振出したる為替手形に引受けをなし、これを受取人に交付して資金の融通を受ける場合にも、手形割引と称することを得ざるにあらず」と、まあどっちでもいいわけです。借りる方としては、どっちみち手形に書いた金額が入ってくるわけではなく、それより少なく入ってくる、といったわけなのです。
 なお、借主としては貸主がどんな手を打ってくるかを知らなければなりません。
 貸主は、手形問題でトラブルでもおこれば、その解決までには相当の日数がかかるから、手形で貸付けるときは十分な調査をします。
 その調査の仕方は、第一には、手形の振出人に十分な支払い能力があるかどうか。
 たとえば手形貸付をした場合、振出人および裏書人にその手形を見せ、また振出人の取引きしている銀行にいって、まちがいないかどうかを印鑑証明の照合などによってたしかめます。
 また手形義務者の銀行取引の入金帳を見せてもらったり、現地調査をおこなって資産状態、営業年数、その他家族の構成人員、そしてその家が自分のものか、他人の家を借りているか、銀行の取引き状態からみた銀行での風評、手形や小切手の不渡内報や差押え執行内報などまで調査するのです。
 借主としても、いやまだ借主ではない借りる方といいが、このような貸主の動きを知っておくが大切といえるでしょう。

お金を借りる!

お金の借り方の心得/ 手形でお金を借りるとき/ 手形でもらったが心配/ 約束手形と為替手形の相違点/ 返済ができなくて延期を申し入れたが貸主が承諾しないとき/ 調停の特長と欠点/ 返済金を供託でするには/ 借金の返済が終わっても貸主が借用証書を返してくれないとき/ 家の増築にも抵当権の効力は及ぶか/ 抵当の対象となりうるもの/ 担保物件を貸主が使用している/ 担保物件の転質は合法か/ 根抵当の解約はできるか/ 元金が時効になったら遅延損害金はどうなる/ 連帯債務者になったら最後まで責任をとらなければならないか/ 競売はどのようにしてされるか/ 強制執行で異議を申し立てたいが/