有償契約と無償契約

契約の双方当事者がたがいに対価的意味を有する給付、出捐をなすかどうかによって、有償契約と無償契約を区別することができます。有債、無償の区別は、双務、片務の区別とは違い、双務、片務の区別は、債務の客体自体に関するものであるのに反して、有償、無償の区別は、債務の客体たる給付の内容に関するものであるからです。
有償契約は、契約の各当事者が互いに対価的意味を有する財産上の給付、出捐をする契約です。この財政的出捐についての相互依存関係は、各当事者が相互に債務を負担するところの双務契約においては必然的に存在しますが、契約の効果として相互に債務を負担することのない片務契約においても、契約の成立に当たって給付がなされる場合には存在することがあります。例えば利息付消費貸借は、その効果としては借主についてのみ債務を発生させるいわゆる片務契約ですが、将来貸主のなす利息の支払いと、契約の成立の時に貸主がなす金銭の引渡とは、出捐について相互依存の関係に立つために有償契約になります。負担付贈与はこのような依存関係が認められないために有償契約とはいえません。
契約を有償のものと無償のものに分けることの実益は、有償契約について広く売買の規定が準用されることにあります。このうち売主の担保責任は、契約の有償性から帰結する制度として重要です。そもそも近代社会における資本制取引関係は、利潤迫求を旨とする打算と合理性に基礎をおくものであるために、無償契約は例外的取引と扱われ、経済取引上の重要性はほとんどなく、取引をより効果的にするためのサービスとして意味を持つくらいです。したがって民法上、無償契約はその例外性ゆえに厳格な方式が要求されたり、義務者の責任は一段低く規制され、消滅、変更が比較的容易で法的保護が薄くなっています。

スポンサーリンク

お金を借りる!

契約の意味/ 契約自由の原則/ 契約自由の制限/ 典型契約と非典型契約/ 双務契約と片務契約/ 有償契約と無償契約/ 継続的契約と一時的契約/ 契約の成立と効力と解除/ 双務契約と牽連性/ 第三者のために契約した場合/ 契約の解除/ 贈与/ 売買/ 消費貸借/ 使用貸借/ 賃貸借/ 雇傭/ 請負/ 委任と寄託/ 和解/