双務契約と片務契約

契約の効果として、各当事者が互いに対価的意味を有する債務を負担するかどうかによって、双務契約と片務契約を分類することができます。
双務契約とは、当事者双方が交互に対価的意味を有する債務を負担する契約をいい、売買、交換、賃貸借、雇傭、請負、組合、和解などがこれであり、委任、寄託も有償ならば双務契約になります。ここに相互の債務が対価的意味を有するというのは、その債務の客体たる給付が、客観的、経済的に相等しい価値を有するということではなく、相互に給付をすることが依存関係を有し、甲が償務を負担するのは乙が債務を負担するからであるというように、債務の負担が交換的な原因関係に立つことを意味しています。したがって、使用貸借や消費貸借においては、借主は物の返還義務を負い、貸主は使用または消費の容認義務を負いますが、その債務は相互交換的ではなくお互いに対価関係に立つものではないために双務契約ではなく、片務契約です。
双務契約と片務契約とを区別する実益は、法律上その取扱いを異にする点にあります。つまり双務契約にあっては、債務が互いに対値的意味を持って依存関係に立つために、いわゆる同時履行の抗弁や危険負担の問題が生じますが、片務契約にはこのような問題が生じる余地がありません。なお契約の解除に関する規定は、主として双務契約について適用があるものです。売買、賃貸借、請負契約など実際取引上重要な契約はほとんど双務契約で、その法律関係は重要です。

スポンサーリンク

お金を借りる!

契約の意味/ 契約自由の原則/ 契約自由の制限/ 典型契約と非典型契約/ 双務契約と片務契約/ 有償契約と無償契約/ 継続的契約と一時的契約/ 契約の成立と効力と解除/ 双務契約と牽連性/ 第三者のために契約した場合/ 契約の解除/ 贈与/ 売買/ 消費貸借/ 使用貸借/ 賃貸借/ 雇傭/ 請負/ 委任と寄託/ 和解/