限定根保証

銀行と商人との間の手形割引、当座貸越その他の融資関係や卸商と小売商との間の取引などのように、その継続的販引過程において生じ、その残高が上下することが予定される一団の債務を保証しようというものは根保証と呼ばれますが、そのうち、保証すぺき限度額、保証の存続期間、保証すぺき取引の種類などを特定しないで保証するものが包括根保証であり、これらの一または二以上の要素を特定ないし限定するのが限定根保証です。包括根保証と限定根保証とを比較した場合に、後者は保証人の責任を限定するものであるために、前者の方が債権者に有利のように思われがちですが、かならずしもそのようにいうことはできません。包括根保証に対しては判例により種々の制限が加えられているからです。つまり限度額の定めがないからといって包括根保証人の責任は無制限ではなく、合理的な制限を受けるとされており、また、期間の点についても、包括根保証人は相当の期間を経過した後には任意に保証契約を解約しうるし、相当の期間を経過しないときでも主債務者の信用状態が急激に悪化したなどの事情変更があれば解約をしうるとされ、さらに、包括根保証人が死亡してもその地位は相続の対象にならないとされているのです。そうしてみると、包括根保証が保証人の責任を形式的には全く限定しないからといって、実質的には保証人の責任追及に相当重大な制限を受けることがありうるのであって、その意味で限定根保証の効用を再吟味しておく必要があるということができます。

スポンサーリンク

お金を借りる!

根保証人の責任を限定する要素としては、保証すべき金額の限度(極度額)、保証すべき期間、主債務が生じる取引の種類の特定があります。そして、極度額を定めてする根保証は極度根保証、保証すべき期間を限定するのは有期根保証、取引の種類を限定するのは取引別根保証、以上を結合させた根保証、例えば有限極度根保証などが考えられます。
極度根保証は保証すべぎ限度が法外に高額で、極度額が全くの形式にすぎないというような場合は別として、保証人はあらかじめ自分が保証すべき金額を予想し、これを覚悟していたとみなされるために、裁判所の裁量で金額の制限を受けることはなく、保証責任の範囲が当初の予想を超えて広くなる恐れがないために相続性を否定されることもないと考えられます。しかし、主たる債務者が取引を止めないかぎり永久に保証人としての責任を免れることができないというのはいかにも不合理であるために、保証後相当の期間を経過したときには保証人に解約権が認められ、解約の効果は将来に向かってのみ生じます。したがって保証人はそれ以前の取引によって発生していた債務については全面的に責任を負うことになります。根保証は特に主債務者と保証人との人的関係に基づいてなされるのが通常であるために、保証人たる地位の相続があった場合には、相続人から解約することができると解されます。
有期根保証は保証すべき期間を定めた場合には、通常は、その期間が極端に長いという場合を除いて、その期間中は保証人から一方的な解約はできないと考えられます。しかし、その期間中であっても、債務者の信用が急激に悪化したような場合には保証人に解約権を認めてさしつかえなく、保証人たる地位の相続もないと解するのが相当です。保証人の責任の範囲が予想を超えて広がる恐れがあるからです。また、保証すべき金額も裁判所の裁量によって合理的な限度に制限されるという制約があることも否定できません。
取引別根保証は取引の種類、例えば手形割引、手形貸付などから生じる債務に限って保証をするということにすれば、保証人の責任の範囲も形式的名目的には限定されますが、極度額や期間の定めをした場合と比較して、実質的には何らの限定をしなかったのと等しいと考えられるので、その効果は包括根保証の場合に準じて考えてさしつかえありません。
取引別極度根保証、取引別有期根保証は前述べたとおり、取引別根保証は実質的には限定しないのと同じであるために、これと極度根保証または有期根保証との組合わせの場合には、極度根保証または有限根保証の場合に準じて考えせれます。
有期極度根保証は保証すべき極度額と期間とを定めることにより、保証人の責任の範囲と期間とが限定されるために、保証人の一方的解約権は認められず、保証人が死亡すればその地位は相続されると解されます。また、裁判所の裁量で責任の範囲を制限されることもありません。

お金を借りる!

連帯債務と連帯保証の違い/ 債務引受と履行引受/ 損害担保契約/ 債務者からの委託のない保証人/ 法人を保証人にする注意事項/ 債務者の履行を信じて保証人/ 保証人の資格/ 手形保証と民事保証/ 保証債務の相続/ 債務がないのに保証責任/ 賃借人の保証/ 一部弁済と保証人の責任/ 共同保証と保証人の責任/ 共同保証と1人に対する債務免除/ 主債務者の破産/ 保証限度額と期限のない保証契約/ 限度額のない根保証と責任/ 保証限度額と利息/ 根保証人の解約/ 根保証の相続性/ 主債務者の死亡/ 限定根保証/ 根保証人の交替/