保証人の求償権

保証人の弁済は、債権者に対する関係では自分の債務の弁済にすぎませんが、主たる債務者に対する関係では、他人の債務の弁済にほかなりません。したがって、保証人が弁済したときは、当然に主たる債務者に対する求償が認められなければなりません。これが、いわゆる保証人の求債権です。保証人が主たる債務者に代わって弁済その他の出捐をして、これによって主たる債務を消滅させたときには、保証人は主たる債務者に対して求償権を取得します。保証人の求償権の範囲は、弁済その他免責のために要した費用はもとより、免責のあった日以後の法定利息、および弁済のための訴訟費用、強制執行費用、抵当権設定登記に要した費用など、避けることのできなかった費用その他の損害賠償です。

スポンサーリンク

お金を借りる!

保証人があらかじめ主たる債務者に通知をしないで弁済その他の免責行為を行なったときは、主たる債務者は、債権者に対抗できる事由をもって保証人にも対抗できます。例えば主たる債務者が相殺できる反対債権をもっていれば、相殺できる範囲で保証人からの求償を拒むことができ、また、主たる債務者が同時履行の抗弁権をもっていたときには、保証人の求償に対して、債権者からの履行と引換えに、これに応じることができます。また、保証人が弁済その他の免責行為をしたあとで、主たる債務者へ通知するのを怠ったため、事情を知らない主たる債務者が二重の弁済その他の免責行為をしたときは、主たる債務者は、自分の免責行為を有効とみなすことができます。したがって、保証人の求債を拒否することもできます。なお、四四三条二項の規定は主たる債務者にも準用されるために、主たる債務者が弁済などの免責行為をしたあとに通知を怠り、そのため保証人が善意で二重弁済などの免責行為をした場合には、保証人は自分の免責行為を有効とみなすこともできます。
保証人は弁済その他の免責行為をする前であっても、次の場合には、主たる債務者に対して求償できます。保証人が過失なしに債権者に弁済せよという判決を言い渡されたとき。主たる債務者が破産の宣告をうけ、債権者がその財団の配当に加入しないとき。債務が弁済期にあるとき。ただし、その後に債権者が主たる償務者に期限の猶予を与えても、それをもって保証人の求償権の行使に対抗できません。債務の弁済期が不確定であって、その最長期も確定することができないまま保証契約の後10年たったとき。主たる債務者が保証人からの事前の求償に応じたとしても、保証人が確実に債権者に対して弁済その他の免責行為をするとはかぎりません。そこで民法は主たる債務者を保護するために、主たる債務者は、債権者が全額の弁済をうけない間は、保証人に対し担保を提供させるか、または自分を免責させるよう請求でき、あるいは求償額を供託し、もしくはこれに相当する担保を提供し、または債権者との交渉によって保証人を免責させて、求償から免かれることができる、としています。
委託をうけない保証人が弁済その他の免責行為を行なったときにも、その保証人が求償権を取得することは同様です。
主たる債務者の意思に反しない保証の場合には、保証人の免責行為によって主たる債務者が其当時利益を受けたる限度において求償できます。したがって、免責の日以後の法定利息や損害賠償を含みません。主たる債務者の意思に反して保証をした場合には、保証人は、主たる債務者が求債をうけた当時に現に利益を受ける限度においてのみ、求債できます。しかも、保証人の求償のときまでに、主たる債務者が債権者に対する反対債権を取得していた場合には、これをもって保証人の求償に対抗することができ、この結果、保証人はその範囲で求償権を失い、この反対債権は保証人に移転します。
保証人が弁済その他の免責行為をする前後に主たる債務者に対して通知することを必要とし、これを怠ると求償権の行使につき制限をうけることでは、委託をうけた保証人の場合と同様です。しかし、主たる債務者が弁済その他の免責行為をするときは、保証人に対してなんらの通知も必要としない点では委託をうけた保証人の場合と異なります。
主たる債務者全員のために保証した場合、主たる債務が分割債務であるときは、求償権も各主たる債務者について分割債務となります。主たる債務が不可分債務または連帯債務であるときは、求償権も各主たる債務者について不可分債務または連帯債務となります。
主たる債務者の一人のために保証した場合、主たる債務が分割債務であるときは、保証人は保証した債務者に対して、その者の負担した債務額についてだけ求償できます。主たる債務が不可分債務または連帯債務であるときは、保証人は保証した債務者に対して全額の求償ができること当然です。しかし民法は、さらに保証しなかった他の債務者に対しても、直接その負担部分について求償できることにして簡易決済の便宜を認めています。

お金を借りる!

主債務の時効消滅/ 主債務者の取消権の援用/ 保証人の求償権/ 共同保証の求償関係/ 物上保証人に対する代位/ 請求権確保の方法/ 弁済代位権放棄の特約/ 信用保証協会の保証/ 支払承諾/ 代理貸付と保証責任/