保険契約

現代生活のなかで私達はさまざまな災害に遭遇する危険にさらされています。このような家庭生活や企業活動を脅かす危険に対処する方法としては、事故の発生そのものを防ぐための種々の防災活動のほかに、万一事故が発生した場合に、その事故を速やかに鎮圧して披害を最小限にくい止めるの方法などが考えられます。しかし、いくらこれらの予防、鎮圧活動を活発に行ったからといって、事散そのものの発生を完全に防ぎ、あるいは事故による被害を皆無にすることは不可能です。逆に経済の発展に伴う企業活動の拡大と複雑化、及び家庭における生活様式の近代化によって、この種の危除にさらされる機会はますます増大する一方といえます。このような危険、災害が発生する可能性と、それによる披害の大きさは、個々人にとって、また個別企業事にみた場合、予見することは不可能であり、まったく偶発的なものでしかありません。しかし、これを同種の潜在的危険にさらされている多数の経済主体集団を全体と捉えて、長期間にわたって観察することとすると、一定期間内に特定の集団の中である種の危険が発生する頻度または被害の大きさは、ほぼ一定の数値として表わすことができます。保険はある一定の危険にさらされた多数の経済主体が、危検の発生に伴う被害を回復するために、大数の法則に従った確率計算によって算出された金額、保険料を拠出し、拠出金の合計が万一偶然な事故が起こった場合給付される金額と総体的に見合うように計算された経済制度であるということができます。

スポンサーリンク

お金を借りる!

保険契約/ 保険の機能/ 保険契約の性質/ 生命保険契約と損害保険契約/ 傷害保険/ 損害保険契約/ 損害保険契約の種類/ 家庭分野での火災保険/ 企業分野での火災保険/ 自動車保険/ 賠償責任保険/ 信用保険/ ボンド/