破産管財人の選任

破産裁判所が債務者に対して破産宣告するときは同時に破産管財人を選任しなければなりません。そして破産宣告によって債務者は破産財団に属する財産につき、管理処分権を喪失し、管理処分権は破産管財人に専属するに至ります。破産管財人は破産手続の遂行にあたる機関として、裁判所の監督の下に、一方では破産債権の確定に関与し、他方では破産財団を占有管理し、財団の維持、増殖をはかるとともにこれを換価し、配当を実施します。その被選任資格は会社更生法の場合と異なり法人にはその資格がなく自然人にかぎるとされているほかは、特別の制限はありませんが、破産手続の性格上関係者が多数でありその利害関係が複雑であるので、破産管財事務を遂行するにあたって公正さが期待でき関係者の信頼をつなぎとめることのできるような人物が適当であり、かつ破産管財事務の主な内容は破産債権の確定への関与、破産財団の換価、破産財団を充実させるための取戻権の行使、否認権の行使その他破産財団に関する訴訟、破産債権確定訴訟の処理等法律的間題の処理が特に多いので、破産手続の適正化、迅速化、手続費用の節約の見地からも法律的素養が深く、自身で訴訟を追行できるような人物が適当とされ、裁判所の監督の容易さも考慮してもっぱら弁護士が選任されているのが実状です。

スポンサーリンク

お金を借りる!

破産管財人の具体的選任にあたっては、事件の性質等を考慮したうえで裁判所が選んだ候補者に記録を閲覧してもらい、利害関係のないことを確認してもらったうえで受任の承諾を得て破産管財人に選任します。
破産手続は破産裁判所が主宰し、破産管財人は破産手続の遂行にあたる機関として、裁判所の監督に服する裁判所は監督権にもとづき破産管財人に破産管財事務の処理状況を定期的に報告させたり、帳簿の提出を求めたり、預金通帳を調べたりでき、これによって破産管財人の職務遂行状況を把握することが可能となり、職務の遂行を怠っているとみられるときはその遂行を命じることもできます。ただし破産管財人の自由裁量に属する行為については命令することはできません。また破産管財人がその義務に違反したり、職務遂行を怠ったりしていてその地位にとどまらせることが適当でないような場合は職権で解任することも可能であり、この解任権を最終的に発動できることが裁判所の監督権の行使を実効あらしめるものにしています。ただし、実際に発動される例はほとんどありません。そのほか第一回債権者集会前および監査委員を設置しない場合で急追の必要があるとき、破産管財人の特定の行為は破産裁判所の要許可事項となるのでこの許可を通しても破産管財人の職務遂行を監督することが可能です。また破産管財人は正当な事由がなげれば辞任することができません。この規定は破産管財人が無責任にその地位を放棄することによる破産手続の遅延、混乱を防止するためと考えられますが、裁判所はこの正当事由の審査を通じて消極的ながらも破産管財人を監督することが可能です。
破産手続における主たる利害関係人としては破産債権者、債務者が考えられます。
破産債権者の場合、破産債権者は破産管財人の管財行為、つまり破産財団の管理、維持、増殖等については共同の利益を有しますが、その利益は債権者集会を通じて一定限度で自主的に擁護される建て前となっています。つまり破産管財人の行為に疑問があるときは、破産債権者は債権者集会の議決を通じて破産管財人に対し破産財団の管理および換価の状況につき債権者集会に報告させその内容を明かにさせることができ、定期的にその報吉を義務づけて破産管財人の職務怠慢の防止をはかることもできます。また、監査委員が置かれない場合で、破産管財人の特定の行為が疑問な場合は同意を与えないこともできます。しかし破産管財人の選任、解任は破産裁判所の専権に属し、破産管財人が不適任であることが明白であっても、債権者集会においてこれを解任することはできないので、これについては債権者集会の議決により破産裁判所に解任を申し立てることができることになっています。なお個々の破走債権者には以上のような破産裁判所に対する申立権その他の権限は与えられていないので、債権者集会の議決にその意思を反映させるしかなく、それが不可能なときは破産裁判所または監査委員に職権発動を促すしかありません。
債務者の場合、破産管財人の行為によって債務者の利益が害される場合もあるので、破産管財人が特定の行為をする場合には原則として破産財団の実状につきもっともくわしい債務者の意見を聴かなければならないことになっています。しかし、破産管財人がその意見を聴かず、または意見をうけいれずその行為を執行しようとして債務者の利益が害される場合は監査委員の同意を得ている場合でも債務者はその行為の執行の中止を破産裁判所に申し立てることができます。なお債権者集会の決議または破産裁判所の許可を得ている場合はこの申立をできないとする判例があります。

お金を借りる!

破産制度/ 和議制度/ 破産宣告と合憲性/ 倒産手続が債権者にもたらす制限/ 破産手続の準則/ 破産申立の乱用/ 私的整理と破産/ 破産裁判所/ 破産能力/ 法人の破産と個人の破産/ 相続と破産/ 破産宣告/ 破産申立できる債権/ 破産申立の時効中断/ 破産申立の方式/ 破産申立の審理/ 破産申立の裁判/ 破産申立に対する不服申立/ 破産申立の取下/ 破産宣告前の保全処分/ 破産和議開始前の保全処分/ 財団の増減と保全処分/ 強制執行停止の保全処分の可否/ 破産宣告の効果/ 破産と貸倒金の処理/ 倒産と貸倒金処理/ 破産の取消し/ 破産管財人の選任/ 破産管財人の法的地位/