代理受領、振込指定

債権を担保にとるには正式には質権か譲渡担保によるのが原則ですが、譲渡性のない債権については正式担保にとることができません。また、譲渡性のある債権であっても、債権の特定が困難な場合も同様です。また、正式担保にとることが法律上は可能であっても、その債権の債務者において担保提供を好まなかったり、あるいは担保提供が第三債務者に対して信用不安の印象を与えるという理由で債務者自身が担保提供を好まないため、事実上正式担保にとれない場合もあります。そのような場合に、事実上の担保機能を期待して行なわれることが多い担保措置として代理受領と振込指定があります。これらは、当該債権を物権的に支配することなく、債務者の取立権限を事実上奪い、取立金が直接債権者の下に確保されるようにすることによって、最終的には相殺による債権の回収をはかることをねらいとするものです。したがって、取立金が債権者の手許に入るまでの間に当該債権が他に譲渡、質入れさせ、または差押えられたときは、もはや担保としての機能を期待できません。

スポンサーリンク

お金を借りる!

代理受領とは、債権者が債務者から、債務者が第三者に対して有する金銭債権について、これを取立て受領することおよび取立金を債権の弁済に充当することの委任を受けるものであり、その契約内容には通常次のものが含まれています。
債権取立の委任は、担保目的であり、債務が完済されるまでは債務者において解約はできないこと、第三者に債権の譲渡、質入れまたは取立の再委任をしないこと、債務者本人も取立てることはできないこと。そして、このような内容を盛込んだ委任状を第三債務者に呈示し、第三債務者に承認の奥書を受けるのが通常です。このような代理受領の法的性質については、以前には債権質類似の無名契約であるとする考え方も一部にはありましたが、現在では、たんなる委任契約関係であることに、判例、通説とも一致しています。したがって、債務者が契約に反して債権を他に譲渡、質入れしても、債権者としては、債務者に対して債務不履行による損害賠償の請求ができるだけで、譲受人、質権者、第三債務者に対しては、もはや代理受領を主張できなくなります。また、たとえ債務者にそのような背信行為がなくても、債務者に対する他の債権者が当該債権を差押えたような場合はやはり同様の結果となります。
問題は、第三債務者の承認の奥書にどの程度の効果を期待できるかですが。この点、判例は、当初、第三債務者が債権者の承諾なく債務者からの請求に応じて支払っても、債権者としては第三債務者に対してなんらの責任も追及できないと解していましたがその後、承認の奥書に法的効果を認めるにいたりました。つまり、最判昭四四、三、四は、第三債務者による代理受領の承認は、単に代理受領を承認するというにとどまらず、代理受領によって得られる債権者の利益を承認し、正当の理由がなく利益を侵害しないという越旨をも当然包含するものと解すべきであり、したがって、第三債務者としては、承認の趣旨に反し、債権者の利益を害することのないようにすべき義務があると解するのが相当であるとし、第三債務者に不法行為責任を認めています。学説も一般にこれを支持していますが、第三債務者の責任の法的性質については、これを債務不履行による責任と解する考え方が強く、いずれにしても、この判例の考え方からすれば、二重に債権取立の委任を受けた者に支払ったような場合にも、第三債務者の責任を問うことができることになります。
振込指定とは、債権者である銀行が、債務者をして債務者が有する金銭債権の受領を銀行にある債務者の預金口座への振込することとし、相殺または自動引落しにより債権の回取を図ることとするものです。代理受領におけるのと同様、債務者が自らから取立てないこと、及び債権を他に譲渡、質入れしないことが通常特約されますが、第三債務者の承認については、たんに債権者と債務者の連署で第三債務者に対して振込の依頼状を提出するにとどめる場合が多く、さらにその依頼状に第三債務者の承認の奥書を受ける場合は比較的少なくなっています。
振込指定の法的性質もたんに債権者債務者間の債権契約関係にとどまり、当該債権を物権的に拘束するものではないために、当該債権が譲渡、質入れされ、あるいは当該債権が差押えられた場合は、もはやその効果は失われます。第三債務者の承認がある場合については、代理受領におけるのと同様、債権者の承諾もなく第三債務者が債務者に直接支払ったり、指定口座以外の口座に振込んだりしたときは、債権者は、第三債務者に対して相当額の損害賠償を請求できるものと解されます。しかし、実際には、第三債務者の承認が得られる例は少ないと思われます。

お金を借りる!

在庫商品の担保化/ 寄託商品の担保化/ 自動車の担保化/ 工場機械の担保化/ 割賦販売契約における所有権留保/ 所有権留保付割賦販売/ 所有権留保付割賦販売と第三者/ 所有権留保と債権者の差押/ 債権担保の方法/ 代理受領、振込指定/ 預金債権の担保化/ 預金証書の一時預り/ 担保に入れた定期預金証書の書換/ 自行預金担保と他行預金担保/ 株式の担保化/ 株式担保と増資、減資/ 公社債の担保化/ 手形の担保化/ 売掛代金債権の担保化/