物権の性質

物権は特定の人が特定の物、あるいは権利を直接支配して、その物から直接に利益をうけることを内容とする排他的権利です。物権は、いかなる権利かという法律的性質の点に着目すると、支配権に属し、その支配の対象は物、あるいは権利であり、その支配の内容は直接的で、排他的です。
物権は、土地、家屋を所有する場合のように、目的物を支配することを内容とする、いわゆる支配権です。この点で行為要求権である債権と区別されます。債権は、例えば売買契約より生じる買主の債権をみればわかるとおり、売買目的物の支配を目標にしてはいますが、その権利の本質はあくまでそこに到達する手段として、特定の人や債務者に対て、目的物の引渡しという特定の行為、給付を要求する内容になっているにすぎません。

スポンサーリンク

お金を借りる!

物権は、物に対する直接支配権であり、直接というのは他人の行為を媒介することなしという意味です。ここに特定の人の行為を請求することによって権利者の満足をはかる債権との差異がみとめられます。物権によって目的物支配を実現するためには、別に何人に請求することも必要としません。この違いは、地上権、永小作権と土地賃借権との差異において著実にあらわれます。これらの諸権利は、実質的には、いずれも他人の土地の利用を目的とし、土地の支配をその内容としています。しかし物権たる地上権、永小作権は、まさしく土地を直接支配する権利であるのに対して、債権たる賃借権の本体は、貸主たる地主に対して土地の使用収益を許容するよう請求するところにあり、借主は地主の容認という行為を媒介として、土地を支配するという法的な構成になっています。ここから,これら使用権の間の差異が表れてきます。例えば地上権や永小作権が、本来譲渡性をみとめられているのに対して、賃借権については譲渡に重大な制約があることなどがそれです。もっとも、両者はいわゆる賃借権の物権化という現象によって、次第にその差異を少なくしている点は注意すべきです。
物権は、物を直接に支配する権利でああり、それをすべての他人に主張できます。そこから物権の排他性がみちびかれます。ここに排他性というのは、同一目的物上に、同一内容の物権が2個以上成立しないという性質です。例えば一冊の書物には、所有権は一個しか成立せず、一個の建物に抵当権が数個存立してもその内容は、一定の順序にしたがって優劣をつけられており、同一ではありません。これは物権の物に対する直接支配の保護を徹底させようとする趣旨のものです。これに対して特定の人に対して特定の行為を請求するにすぎない債権には、原則として排他性がみとめられていません。したがって同一の人に対して同一の内容をもった債権が、いくつでも成立します。例えばある人に、同一日時に同一行為をさせる債権や、同一物の引渡を請求する債権が併存することもあります。しかし、不動産賃借権には排他性をみとめられる場合があります。

お金を借りる!

債権的財産/ 物権の性質/ 物権の特性/ 物権の対象物/ 債権の性質/ 物権と債権の差異/ 債権の効力/ 債権の本来の効力/ 物権法定の必要性/ 物権法定主義の内容/ 慣習上での物権/ 物権の種類/ 物権の分類/ 占有権は支配する権利/ 所有権の基本物権/ 土地所有権の限界と相隣関係/ 所有権の取得/ 財産を数人で共同所有/ 担保物権/