債権的財産

物権は生活物資の利用を目的とする制度であり、債権は他人をしてその生活物資を給付させることを本未の目的とする制度です。債権はもっぱら物権へ到達する手段たるところにその本来的使命があるということになります。しかし個人の所有および活動の自由を基盤とする近代法の下で、資本主義経済取引が高度に発展するに至ると、債権は所有権の支配的作用を全うさせる手段として重要な使命を担うようになり、またその本来の機能から離れて、それ自体が法生活の目標として特殊な社会的作用を営むことになります。
近代社会において、所有者がその所有物を利用するにあたっては、多く債権関係に依存します。例えば商品所有者は売買契約によって代金債権を取得し、生産手段の所有者がこれを利用するには雇傭契約によって労働者に対する労務請求権を取得し、土地家屋の所有者は、これを担保にして金銭を借り、賃貸借契約によって賃料請求権を取得するのが通常です。債権は近代的資本主義社会において、人と物との開係として把握されている物権ことに所有権をして、人と人との関係として現実化されています。

スポンサーリンク

お金を借りる!

近代法の下において、資本主義の発達は物の利用価値は利用権としてその借主に、また物の交換価値は担保権として担保債権者のもとに帰属してしまい、所有者は、ただ利用権者より受ける対価や、担保債権者より受ける金融によって、かろうじて物権者としての利益を受けるという事態を形成しており、近代法の物権、ことに所有権の実質は、その本来の機能を離れて、利用または担保に対する対価請求の権利となりはじめたというぺきであり、その実現は債権という権利形態になっていることになります。
債権は物権ことに所有権と結合することによって資本を構成し、所有権をして、単に物を支配する作用を有する権利から、人を支配する作用を有する権利へと移行させ、資本主義社会における法的担い手として、優越的地位を占むるに至ります。近代社会における企業は中性における手工業のような単純な施設を擁するものでなく、巨大な資本と施設をもって登場し、企業所有権は労働契約によって生まれた労務請求権や下請債権をもって、もはや物を支配するだけでなく人をも支配する事態にいたらしめています。しかも、このような産業資本の上には、さらに金融資本が位置し、企業主を左右するのです。
資本主義経済の初期の段階においては、産業資本が圧倒的であり、金融資本は企業より利息を徴収するにすぎなかったのですが、資本主義経済の発展にともない、金融資本はその資本を蓄積した結果、これを投資して企業資本に介入し、企業を事実上掌握するのです。しかも、その投資として投げ出された巨額な貨幣は、常に債権の形熊をとり、所有権の支配作用の実現に奉仕した債権は所有権を自己の支配作用の実現のための手段として駆便しようとします。
債権は本来、債務者から給付を受けることによってその経済的目的を達する財産権であるために、この債務者を離れては、その債権は存在理由を失うかにみえます。しかし近代法における債権は、それ自身独立の財産的価値を有するものとして地位づけられ、対価を得てこれを他人に譲渡することを認めています。この財産的価値を最も強度に具有する債権は、金銭債権になります。その債権を証券に化体し、債権の成立、存続、譲渡、行使等の全てにおいて証券を必要とする証券的債権は、その譲渡性、融通性において現代の経済社会における他の一般財産を凌駕しています。債権は、手形、株券、社債券、船荷証券、貨物引換証、倉庫証券その他の無記名債権などの証券上に化体され、経済社会を縦横に転々としながら取引界に流通しているのであって、その結果、金銭債権は容易に集中して強大な力となり、企業組織を支配する力となって現われてくるのです。
近代法における債権は所有権の経済的機能を維待するという本来の機能から離れて、いまや所有権の経済的機能を奪い、自己の支配作用を実現する手段にしています。まさに産業資本の支配から金融資本の支配に移行した、資本主義発展の現段階における現実の法的形態であり、近代法における債権制度の優越的地位がみられます。

お金を借りる!

債権的財産/ 物権の性質/ 物権の特性/ 物権の対象物/ 債権の性質/ 物権と債権の差異/ 債権の効力/ 債権の本来の効力/ 物権法定の必要性/ 物権法定主義の内容/ 慣習上での物権/ 物権の種類/ 物権の分類/ 占有権は支配する権利/ 所有権の基本物権/ 土地所有権の限界と相隣関係/ 所有権の取得/ 財産を数人で共同所有/ 用益物権/ 担保物権/