第三債務者の地位

 強制執行による差押えをした債権者が提起した取立訴訟の訴状が第三債務者に送達される時までに、その差押えがされている金銭債権につき滞納処分による差押えがされたときは、第三債務者は、その債権の全額に相当する金銭を債務の履行地の供託所に供託しなければならない。
 なお、上記の「強制執行による差押えの前に他の滞納処分による差押えがされているとき」とは、次に掲げるときをいう。
 金銭債権の一部について滞納処分による差押えがされている場合において、強制執行による差押えがされ、その差押債権者が提起した取立訴訟の訴状が第三債務者に送達される時までに、さらに滞納処分による差押えがされて競合したとき。
 金銭債権の一部について滞納処分による差押えがされている場合において、強制執行による差押えにより競合し、その差押債権者が提起した取立訴訟の訴状が第三債務者に送達される時までに、さらに滞納処分による差押えがされたとき。
 第三債務者は、供託をしたときはその事情を執行裁判所に届け出なければならない。この届出があったときは、裁判所書記官は、その旨を徴収職員に通知することになっている。
 第三債務者が供託した金銭については、徴収職員はその取立てをすることはできないが、執行裁判所の配当手続において配当を受けることができる。この場合には、執行裁判所から支払証明書が交付されるので、徴収職員は、これを供託金払渡請求書に添付して供託所から配当額の払渡しを受けることになる。

スポンサーリンク

 差押競合債権について強制執行が中止または停止されたときは、徴収職員は、執行裁判所に滞納処分続行承認の決定を請求することができる。
 この滞納処分続行関係については、一般の場合と同様であるが、次の点に留意する。
 差押競合債権が、差押競合の条件付等債権を除く金銭債権であるときは、滞納処分続行承認の決定の請求に代えて、原則として、取立訴訟を提起するという実務取扱いがされている。例外的に滞納処分続行承認の決定の請求をするのは、第三債務者が供託後に強制執行が中止され配当ができないときなどに限定されよう。
 差押競合の金銭債権について滞納処分続行承認の決定があったときは、第三債務者は、供託義務はなくなり、差押えに係る金銭債権の全額に相当する金銭の供託をすることが認められるにすぎないことになる。
 差押競合債権につき、滞納処分続行承認の決定があったときは、強制執行による差押命令については、滞納処分による差押えがされている債権に対し強制執行による差押命令が発せられた旨の通知があったものとみなされる。
 仮差押えの執行がされていて払滞納処分は、これにより妨げられない。そこで、仮差押えの執行がされている債権に対して滞納処分による差押えをした場合には、滞納処分による差押えがされている債権に対して強制執行による差押えがされた場合に準じて調整される。
 なお、次の点に留意する。
 第三債務者から供託に係る事情届があった場合において、それにより仮差押命令が発せられていることを知ったときは、徴収職員は、執行裁判所に対し徴収法第55条の通知をしなければならない。
 執行裁判所に対し滞納処分による差押えをした旨の通知をしている場合において、仮差押えの執行の申立てが取り下げられたときまたは仮差押えの執行を取り消す決定が効力を生じたときは、裁判所書記官は、その旨を徴収職員に通知することになっている。
 仮差押競合債権で権利の移転につき登録を要する登録社債等に対し、滞納処分による差押えの登録の嘱託をした場合において、その債権について仮差押えの登録があるときは、登録関係機関はその旨を徴収職員に通知することになっている。
 担保権の実行または行使による差押えがされている債権に対する滞納処分は、強制執行による差押命令が発せられた後に滞納処分による差押えをした債権に関する規定に準じて処理する。
 なお、質権の設定がされている債権に対し滞納処分による差押えをした場合において、質権者が質権の目的たる債権を直接取り立てたときは、滞調法の調整の対象とはならない。

お金を借りる!

督促の意義/ 滞納者の財産の調査/ 差押えの意義/ 差押禁止財産/ 差押財産の選択/ 徴収法の財産の区分/ 差押え手続き/ 滞納処分による差押えがされている動産に対する強制執行/ 強制執行続行の決定/ 滞納処分による差押えがされている動産に対する仮差押え/ 滞納処分続行承認の決定/ 債権の差押え/ 各種の債権の差押え/ 強制執行による二重差押え/ 徴収職員の地位/ 滞納処分による差押えがされている債権に対する仮差押/ 強制執行による差押えがされている債権に対する滞納処分/ 第三債務者の地位/ 滞納処分による差押えがされている不動産に対する強制執行/ 強制執行による差押えされている不動産に対する滞納処分/ 船舶と航空機の差押え/ 強制執行による差押えがされている船舶と航空機に対する滞納処分/ 自動車・建設機械の差押え/ 強制執行による差押えがされている自動車と建設機械に対する滞納処分/ 財産の差押えの効力の発生時期/ 各種の財産に特有な差押えの効力ないし効果/ 差押えの解除/ 交付要求/ 参加差押え/ 差押え財産の換価/ 公売の手続き/ 売却決定と買受代金の納付/ 財産の権利移転手続き/ 売却決定の取消し/ 配当手続き/ 国税優先の原則/ 国税と質権の被担保債権/ 国税と抵当権の被担保債権/ 国税と留置権の被担保債権/ 差押の配当/ 第二次納税義務/ 納付義務の承継/ 譲渡担保財産からの徴収/ 担保権付財産が譲渡された場合の国税の徴収/ 繰上げ請求/ 保全担保/ 納税の猶予/ 課税が遅延した場合の納税の猶予/ 換価の猶予/ 滞納処分の停止/