有価証券に対する担保権

 銀行の貸金の担保としては、上場株式、国債、社債などは、価値があり、管理も処分も容易であるので、担保の目的物としてよく利用されている。
 なお、同じく有価証券であっても、銀行実務では、商業手形は商業手形担保とし、船荷証券・貨物引換証・倉荷証券等は商品担保として、この有価証券担保と区別して扱っており、外国為替取引における付帯荷物の証券類の担保払外国為替関係として別の取扱いをしているので、本解説もそれによることとする。

スポンサーリンク

 無記名の公社債、株券などは、民法上は動産とみなされている。そこで、これら有価証券に対する担保権の実行は、一般の有体動産についての担保権実行手続と同じことになる。
 この担保権実行方法には、質権実行と譲渡担保権実行と任意処分の3通りの方法がある。
 動産に対する質権実行は、特に裁判所の許可を得て鑑定人の評価によって代物弁済をする場合以外は、民事執行法の規定に基づき売却するか、相場ある有価証券の場合は相場により売却するか裁判所の手続が必要である。しかし、それらの手続は、どうしても費用と時間がかかり、必ずしも高価に処分できるとはかぎらないので、現実には、担保差入証または銀行取引約定書の任意処分に関する約定により、市場価格のあるものは市場で売却し、市場価権のないものはそのつど設定者の承諾を得て、買主をさがしその者に売却するという方法により、担保権の実行をしている。
 この実行の方法は、譲渡担保にした場合と同様です。
 一般の上場株式などの担保取得の方法としては、略式質、登録質、譲渡担保などの方法がりますが、そのほとんどは略式質か譲渡担保の方法によっている。
 このうち譲渡担保権の実行は、その被担保債権の弁済期が到来していれば、担保権者は自由に目的株式を売却し、または時価で自己名義に変更し、弁済に充当すれば足りる。価額に異議があれば、担保提供者はそれを争うことは認められる。
 略式質、登録質など質権を設定している場合は、法的には民事執行法における動産競売等の方法によることになるが、略式質の場合には担保権の効力という点では譲渡担保と相違はあるが、その担保権実行という点では、実務上担保権設定契約書上において任意処分に関する特約があるため、前記譲渡担保権の実行と同じように取り扱われている。ただ、その被担保債権が商行為によって生じた債権でないと、このような流質に関する契約は効力を生じないとされている。
 そこで、登録質や流質契約のない略式質による質権の実行は、民事執行法の規定する手続による以外にないことになる。
 民事執行法では、裏書の禁止されている有価証券以外の有価証券で、それが「取引所の相場のある有価証券」である場合には、特にその日の相場以上の価額で売却しなければならないことになっている。そこで、この質権の実行は、現物を提出して執行官に質権実行の申立てをすると、執行官は競り売りや入札の方法によらず、その日の市場において売却されることになる。そのうえで、質権者は直接執行官から支払を受けることができる。
 その質権が略式質の場合は、上記の手続により買い受けた者は、執行官から株券の引渡しを受け、その証券を発行会社に提示して名義書換を受ければよいが、その質権が登録質の場合は、株式の名義書換手続のほかに、株主名簿に記載された質権の登録の抹消手続をとる必要がある。この申請は、本来は質権設定者と質権者の共同申請によるべきですが、質権実行の場合は、その手続がとれないこともある。その場合は、事情を説明し、質権者の単独申請により執行官の競売調書の写しを添付して「質権登録抹消請求書」をもって申請するか、あるいは執行官の連署を求めて申請することになろう。
 社債にも記名式のものがあるが、一般には無記名式となっている。
 無記名式の社債は動産として扱われるので、前記無記名有価証券の取扱いをすればよい。
 記名式社債の担保取得方法は、社債券の引渡しを受けるとともに、譲渡担保の場合は名義変更、質権の場合は質権の登録が必要になる。

抵当権の実行による競売の申立て/ 抵当権の実行による売却手続き/ 不動産の強制執行/ 担保権実行手順の種類/ 抵当権の実行/ 競売の申立て/ 競売手続の開始/ 競売での売却の準備/ 競売での売却手続き/ 競売での売却後の手続き/ 競売申立ての取下げ/ 増価競売/ 預金に対する担保権/ 有価証券に対する担保権/ 指名債権に対する担保権/ 質権の実行/ 仮登記担保の実行手続き/ 仮登記担保の実行の準備/ 仮登記担保の実行通知/ 仮登記担保の本登記手続き/

お金を借りる!

抵当権の実行による競売の申立て/ 強制執行とは/ 仮差押え・仮処分/ 民事執行法による預金などの差押え/